受託加工についてCUSTOM PROCESSING

設備についてABOUT FACILITY

株式会社はつらつの食品粉末化受託加工では、お客様の種々のご要望にお応えすべく、様々な機器を取り揃えております。
原料の洗浄装置、スライサー、乾燥機、各種粉砕機、ふるい分け機器、混合器などです。これらの機器を巧みに組み合わせる事で、様々な大きさの粉が製造可能となります。
しかもただ単に粉にするだけではありません。株式会社はつらつでは、素材の良さを殺さずに、栄養素、色味、風味を極力そのまま残った粉末の製造が可能です。

設備一覧

洗浄殺菌

電解水生成装置
電解水生成装置

入荷した原料を電解水にて殺菌処理します。

乾燥

常温調湿乾燥機
常温調湿乾燥機

乾燥室内を除湿して湿度を低下させるため、乾燥温度 40℃以下でも短時間で乾燥が可能。温度による酵素分解(自己消化)や色素分解を起こしやすい食品に適しています。

乾燥

マイクロ波減圧乾燥機
マイクロ波減圧乾燥機

沸点の低い真空下でマイクロ波と遠赤外線を作用させることで、乾燥時間の大幅な短縮が可能。酸化が極めて少ない高品質な乾燥品ができます。

混合

V型混合機(容器回転式混合機)
V型混合機(容器回転式混合機)

三次元的な衝突交流とたたみ込み作用で混合されます。流動性を有する粉粒体には最適で、短時間で混合が行われます。

造粒

転動型造粒機
転動型造粒機

回転刃を回転させることにより、粒子に遠心力、剪断力がかかり、円筒容器内を外周に沿って円運動します。バインダー添加後、徐々に粉体に抵抗がかかり独自の造粒が進行します。

造粒

パン型造粒機
パン型造粒機

傾斜したパン上に材料を投入し加湿させながら、粉の転動挙動により核を成長させて造粒を行います。

粉砕

シングルトラックジェットミル
シングルトラックジェットミル

摩耗が生じやすい原料を超微粉砕する目的で開発された水平型ジェットミルです。また、粉砕熱が一切発生しないため、熱に弱い原料の粉砕にも最適です。おおよそ、2μm~50μmまで粉砕可能です。

粉砕

ボールミル
ボールミル

回転する円筒状粉砕機内に投入された、媒体ボールの衝突と、こすれ合い作用によって、原料が徐々にすりつぶされます。繊維質の原料の粉砕に最適で、10μm~100μmまで粉砕可能です。

粉砕

ピンミル
ピンミル

高速回転するピンに原料が衝突する事で粉砕が進みます。また排出時はスクリーンを通過するため、スクリーンの穴径により粉砕品の粒度が決まります。おおよそ、100μm~1,000μmまで粉砕可能です。

粉砕

イクシードミル
イクシードミル

このイクシードミルは衝撃力を主として使用する粉砕機です。エネルギー効率が良く優れた粉砕ができます。

粉砕

せん断加熱式穀物アルファ化粉砕機
せん断加熱式穀物アルファ化粉砕機

穀物に含まれるβでんぷんをαでんぷんに変えるとともに粉末化する装置です。

分級

振動篩機
振動篩機

60μm以下の精密分級や油分の多い素材にも対応できます。

磁力選別

パン型造粒機
金属検出機

製品出荷前に検査を行い、異物が無いことの確認を行います。

品質管理

粒度分布測定
粒度分布測定(LMS-2000E) etc

粒度分布測定の他、微生物検査、味評価、香り評価、電子顕微鏡、蛍光X線分析、ガスクロマトグラフ、液クロマトグラフ、etc

その他設備(一例)

脱水機
脱水機
シュガーミル
シュガーミル
マイクロカッターミル
カッターミル
スライサー
スライサー

お問い合わせCONTACT

まずは「お問い合わせ」ください。

紛体受託加工から、設備のご案内まで。
お客様のニーズに合わせてご案内できます。まずはお気軽にお問い合わせください。